ご寄付のお願い

生活困窮者の自立と、
誰のことも断らない活動のためにご支援ください

1,000円
炊き出しで3人分の
お弁当を用意できます
5,000円
子どもたちに学習支援を
1度行うことができます
10,000円
住まいを手配し、新しい生活の
スタートを支えられます

ご支援の種類

5つの支援方法があり、あなたに合うものを選ぶことができます

みなさまからの支援が、このような活動につながります

1988年12月に炊き出しが始まりました。「最低限の生活」が保証されていない人々に、おにぎりと豚汁を届けに行ったのが最初です。

それから32年続く「炊き出し」は支援の基本です。今でも私たちはお弁当を持って、夜の町に眠る人を訪ね歩きます。困れば困るほど、人は「助けて」と言えなくなる。だから訪ね歩くしかないのです。

炊き出し(食料支援)は生存に関わる場面だと言えます。しかし、一週間に一度食料を届けたとして、それを「生存支援」と言うのは正直おこがましい。それでも私たちはおにぎりを届けてきました。その理由は、「友達の家を訪ねるのに手ぶらではいけない。手土産ぐらい持って行こう」ということにあります。

わずかな食糧ではいのちを守ることはできません。でも「つながること」はできます。路上の人々は、食料のみならず、「訪ねる人―友達」がいませんでした。炊き出しの本質は、この「つながり」をつくること、つまり「友達になる」ことにあります。

野宿の竹さんがこんなことを言いました。「毎晩寝る前にお祈りするんです」。何か信仰でも、と尋ねると「いや、この生活ですから神も仏もありません」と竹さん。じゃあ、何を祈ってるのか。彼は、二度と目が覚めませんようにと祈っていました。毎晩、このまま死ねればと祈っていた。野宿になるとはそういうことなのです。

一年後、竹さんは自立されました。「目が覚めない方がいい」と祈るのは野宿者だけではありません。多くの人がそんな祈りを捧げている。だから、抱樸は出会い続けます。人は出会いによって変わるということが分かるからです。抱樸と出会い死の淵から生還し、もう一度生きよう思った人は3500人を超えました。

今の世の中、ホームレス支援施設の開設をめぐって反対運動が起きます。「生産性の低い施設」というのが反対の理由です。しかし、生産性とは一体何でしょうか。死を願った人が出会いの中で再び生きようと思う。これほど生産性の高いことはないはずです。だから抱樸は、今日も出会い続けています。

2013年、抱樸は「子ども・家族まるごと支援」を開始しました。学校に行けない子どもの自宅を訪問し、勉強を教える。すると、奥の部屋に鬱のお母さんが横たわっていました。お父さんは来年夏まで受刑中。高校中退のお兄さんは引きこもり。家族まるごと、生きづらい状況を抱えていたのです。

子どもの貧困は13.9%。ただ、これは世帯の所得を算出根拠としています。子どもの貧困率の改善は、世帯収入を上げるしか方法がありません。世帯まるごとの支援が必要だったのです。

ゴミ屋敷。お弁当を作らない親。さまざまな親がいて、「親でしょう。ちゃんとしなさい」と言いたくなります。しかし、よく聞くとそのお母さん自身、お弁当を作ってもらった記憶がないのです。してもらったことがないことを誰かにすることは難しい。それを「親だから」と言われるとつらい。

抱樸は、社会的相続が成立していない家庭を訪問し、子どもに勉強を教え、同時に親にお弁当の作り方を教えます。まだ、間に合う。今からでも、親からしてもらえなかったことを、他の誰かから受け継ぐことはできるのです。

寄付控除のご案内

抱樸は、寄付控除対象となる北九州市の認定を受けている認定NPO法人です。確定申告をすることで、所得税の還付を受けることができます。
また、遺贈(遺言による寄付)や相続財産の寄付も、相続税・所得税の非課税対象となります。

毎月の寄付 / 都度の寄付

月々1,000円から継続的にご支援いただけます。

※金額を選択すると、登録画面へ移動します。
ブラウザを最新の状態に更新してご利用ください。

利用できるクレジットカード

マンスリーサポート(毎月定額自動引落し)の停止や
その他寄付に関するご質問は、お問い合わせからご連絡ください。

毎月ではなく、その都度行なっていただく寄付もありがたくお受けします。

or

ご希望の金額をご入力ください

※金額を選択すると、登録画面へ移動します。
ブラウザを最新の状態に更新してご利用ください。

利用できるクレジットカード

銀行振込で寄付をする場合

ゆうちょ銀行備え付けの払込用紙をご利用の上、下記口座にお振込ください。 払込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。

ゆうちょ銀行 振替口座 
01780-8-64142
特定非営利活動法人 抱樸

寄付に関するご質問は、お問い合わせからご連絡ください。

物資の寄付

衣料品は男性物に限ります。
お洗濯またはクリーニング済みのものをお願いします。

また、下記のような衣類はお受けできません。

  • 虫食い、穴あきがあるもの
  • 痛み(ダメージ加工を含む)がひどいもの
  • 汚れ、染みがひどいもの
  • においが付いているもの

背広類(スーツ、ネクタイなど)やビジネスコートは募集していません。

通年

ズボン:ジーパンやチノパンなどのカジュアルなズボン

寝間着:パジャマ、スウェット上下セット、寝巻など

下着類:パンツ、シャツ、ズボン下 ※下着類は新品に限ります

バッグ類:デイパック、リュックサック、ボストンバッグ、ウエストポーチ、
トートバッグ
※スーツケース、アタッシュケース、ビジネスバッグは不要

靴類:スニーカー、運動靴、ビジネスシューズ、サンダル ※下駄は不要

11〜3月

秋冬物:長袖Tシャツ、トレーナー、ネルシャツ、セーター、防寒着(厚手のジャンパー、中綿ジャケット、カジュアルなコートなど)など

防寒具:手袋、軍手、ニット帽、マフラー

4〜10月

春夏物:Tシャツ、ポロシャツ、薄手のシャツ、薄手のジャンパーなど

食器類やなべ、やかん、フライパンなどの調理器具、電化製品、家具は現在募集していません。

通年

  • タオル(フェイスタオル、バスタオル)
  • 未開封のアメニティグッズ(歯ブラシ、ひげ剃り、石鹸、シャンプー、クシなど)
  • 帽子
  • 老眼鏡

11~3月

  • 毛布 ※お布団は野宿の方が持ち運べないため、お断りしています
  • 使い捨てカイロ

4~10月

  • 蚊取り線香

2019年には、多くの皆様からたくさんのお米をお送りいただきました。誠にありがとうございました。

通年

  • お米
  • 金券類(テレホンカード、切手、未使用ハガキ、全国共通商品券、ビール券、図書カード、図書券など)

物資の送り先

〒805-0015
福岡県北九州市八幡東区荒生田2-1-32
シティーコーポ七条1階
NPO法人 抱樸

※物資支援に関するお問い合わせ
TEL:093-653-0779

持ち込みの場合は必ず事前にご連絡ください。

その他のご支援

暮らしの中でのご支援

サンキュードラッグ募金箱

2006年10月より、サンキュードラッグ各店舗に支援募金箱を置かせていただいています。みなさまからいただいたご寄付に同額をサンキュードラッグさまが加えてくださった上でご寄附いただき、支援と絆を支える大きな活動が続いてます。お買い物の折には、是非お目に留めていただければ幸いです。

イオン八幡東店の黄色いレシート

イオンで毎月11日に買い物をすると「黄色いレシート」が発行されます。それを「黄色いレシート」投函BOXへ入れていただくと、お買い上げ金額合計の1%がイオンから地元ボランティア団体等へ寄附されます。イオン八幡東店(スペースワールド駅前)で黄色いレシートが発行されましたら、ぜひ「NPO法人 抱樸」のBOXへお入れください。
今までに、自転車や入院用衣類など、たくさんの必要物資を得ることができました。どうぞ引き続き、ご協力お願いいたします!

※当NPOのBOXがあるのはイオン八幡東店のみです。

街頭募金

夏季や年末に、小倉駅前・小倉北区鴎外橋・下関駅前などでボランティアによる「街頭募金活動」を行っています。

日程は当サイトでもお知らせしますが、お見かけの際はぜひ応援をお願いします。

抱樸の活動を広める

NPO抱樸は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで日々情報を発信しています。
ぜひ、フォローして抱樸の活動を応援してください。

レストランをご利用ください

このレストランは就労訓練事業所としても運営されています あなたのランチが支援になります

場所
抱樸館北九州(八幡東区東鉄町7-11)1階
営業時間
12:00~14:30(14:00オーダーストップ)
定休日
日曜日・祝祭日
メニュー
日替わりランチ/うどんセット/カレーセット/他 460円〜