お知らせ

  • イベント
  • 2022.5.23

6/14 大阪開催 希望のまちイベントのお知らせ

希望のまちのイベント大阪開催のお知らせです。

6月14日(火)に大阪市天王寺区で希望のまちのトークイベントを開催いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

※参加には申し込み(下記URLから)が必要です。

 

日時:6月14日(火)19:00-20:45 開場18:30〜

会場:たかつガーデン 大阪府教育会館8階 〒543-0021 大阪府大阪市天王寺区東高津町7番11号
①近鉄線/大阪上本町駅(地上ホーム)より徒歩約3分
②近鉄線/大阪上本町駅(地下ホーム)(近鉄⑪番出口)より徒歩約3分
③地下鉄谷町線・千日前線/谷町九丁目駅(近鉄⑪番出口)より徒歩約7分

入場料:1,000円

内容:

■1部:講演(45min)「わたしがいる あなたがいる なんとかなる 」奥田知志(NPO法人抱樸理事長)

■2部:鼎談(1h) 奥田知志(NPO法人抱樸理事長)、亀石倫子(弁護士)、藤原辰史(京都大学准教授)

お申込み:下記URLからお願いいたします

https://kibou20220614.peatix.com/

 

【登壇者紹介】

亀石倫子(弁護士)

1974年北海道小樽市に生まれる。1997年に東京女子大学文理学部を卒業し、2000年まで一般企業に勤務。大阪市立大学法科大学院を経て2009年に弁護士登録。刑事事件専門の法律事務所に入所し、これまでに担当した刑事事件は200件以上にのぼる。2016年に最高裁で無罪が確定した『クラブ風営法違反事件』や、2017年に最高裁大法廷で違法が認められた『GPS捜査事件』、2020年に最高裁で無罪が確定した『タトゥー彫り師医師法違反事件』など、著名な刑事事件を担当。現在は大阪市北区に「法律事務所エクラうめだ」を開設し、家事事件など女性の法律問題も数多く手掛ける。

 

藤原辰史(歴史研究者)

1976年、北海道旭川市生まれ、島根県横田町(現奥出雲町)出身。1995年、島根県立横田高校卒業。1999年、京都大学総合人間学部卒業。2002年、京都大学人間・環境学研究科中途退学、同年、京都大学人文科学研究所助手(2002.11-2009.5)、東京大学農学生命科学研究科講師(2009.6-2013.3)を経て、現在、京都大学人文科学研究所准教授。(写真の撮影は新井卓)

主な著書に『ナチス・ドイツの有機農業』(第1回日本ドイツ学会奨励賞)、『カブラの冬』、『稲の大東亜共栄圏』、『ナチスのキッチン』(第1回河合隼雄学芸賞)、『食べること考えること 』、『トラクターの世界史』、『戦争と農業』、『給食の歴史』(第10回辻静雄食文化賞)、『食べるとはどういうことか』、『分解の哲学』(第41回 サントリー学芸賞)、『縁食論』、『農の原理の史的研究』がある。2019年2月には、第15回日本学術振興会賞受賞。