お知らせ

  • ご案内
  • 2020.12.29

理事長奥田知志の新しい本が出版されました

本年は、コロナ禍で仕事と住まいを失う人を支えるため、全国の皆様にクラウドファンディングにご協力いただきました。
関して皆様に抱樸の活動を知っていただくため、抱樸を応援してくださる方をゲストにお迎えし「オンライン対談」にも取り組みました。
その対談を高くご評価頂き、いくつかを本の種出版さまがピックアップし、テキスト収録されました。
お手に取っていただければさいわいです。
・・・・・
奥田知志 著
「逃げおくれた」伴走者―分断された社会で人とつながる
本体価格2,000円+税
本の種出版
http://honnotane.com/?p=2645
・・・・・

◆もくじ◆
はじめに――逃げおくれの独り言

第1章 いのちの格差
 ラジオ番組より/今、人間として

第2章 罪ある人間
 オンライン対談より/文化人類学者が見るポストコロナ社会(対談の相手:上田紀行さん)

第3章 他者と出会う
 オンライン対談より/コロナ禍を生きる①(対談の相手:若松英輔さん)

第4章 生きる意志
 オンライン対談より/生きる意味を問うということ(対談の相手:玉木幸則さん)

第5章 希望のまち
 オンライン対談より/コロナ禍を生きる②(対談の相手:茂木健一郎さん)

おわりに――闇の中に光を見る