お知らせ

  • イベント
  • 2022.5.10

6/3 福岡市開催 希望のまちイベントのご案内

希望のまちのイベント福岡市開催のお知らせです。

6月3日(金)に福岡市で希望のまちのトークイベントを開催いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。※参加には申し込み(下記URLから)が必要です。

【開催概要】

希望のまちトークイベント「わたしがいる あなたがいる なんとかなる ~困窮者支援から希望のまちへ~」

日時:6月3日(金)19:00-21:00 開場18:30〜

会場:UNION SODA 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-3-201  

   天神南駅から徒歩6分、その他路線バスをご利用ください。

出演:奥田知志(NPO法人抱樸理事長) 山崎亮(studio-L 代表)

   手塚貴晴+手塚由比(手塚建築研究所代表)

内容:

■1部:講演(45min)「わたしがいる あなたがいる なんとかなる 」奥田知志(NPO法人抱樸理事長)

■2部:鼎談(1h) 奥田知志(NPO法人抱樸理事長)、 山崎亮(studio-L 代表)、 手塚貴晴+手塚由比(手塚建築研究所代表)

お申込み:下記URLからお願いいたします。

https://kibou20220603.peatix.com/

 

【登壇者紹介】

山崎亮(studio-L 代表)

1973年愛知県生まれ。大阪府立大学農学部にて増田昇に師事(緑地計画工学専攻)。メルボルン工科大学環境デザイン学部にてジョン・バージェスに師事(ランドスケープアーキテクチュア専攻)。大阪府立大学大学院(地域生態工学専攻)修了後、 SEN環境計画室勤務。三宅祥介からデザイン、浅野房世からマネジメントを学び、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。

まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、建築やランドスケープのデザイン、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。2006-2010年には(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構(林敏彦研究室/中瀬勲研究会)にて中山間離島地域の集落について研究。2006-2013年には東京大学大学院工学系研究科にて大西隆に師事(都市工学科)。博士(工学)。技術士(建設部門)。社会福祉士。

現在は、studio-L代表、慶應義塾大学特別招聘教授。主な著書に『コミュニティデザイン(学芸出版社)』『ソーシャルデザイン・アトラス(鹿島出版会)』『コミュニティデザインの時代(中公新書)』『まちの幸福論(NHK出版)』『コミュニティデザインの源流(太田出版)』『縮充する日本(PHP新書)』『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』『ケアするまちをデザインする(医学書院)』などがある。

手塚貴晴+手塚由比(手塚建築研究所代表)

OECD(世界経済協力機構)とUNESCOにより世界で最も優れた学校に選ばれた「ふじようちえん」を始めとして、子供の為の空間設計を多く手がける。

近年ではUNESCOより世界環境建築賞(Global Award for Sustainable Architecture)を受ける。手塚貴晴が行ったTEDトークの再生回数は2015年の世界7位を記録。

国内では日本建築学会賞、日本建築家協会賞、グッドデザイン金賞、子供環境学会賞などを受けている。手塚由比は文部科学省国立教育政策研究所において幼稚園の設計基準の制定に関わった。

現在は建築設計活動に軸足を置きながら、OECDより依頼を受け国内外各地にて子供環境に関する講演会を行なっている。その子供環境に関する理論はハーバード大学によりyellowbookとして出版されている。