活動内容

互助会

互助会

抱樸ボランティア本部の「互助会運営委員会」で運営している、誰でも参加可能な会員制の共同体グループです。会費は月500円。

出発点となったのは「なかまの会」です。「なかまの会」は、私たちが支援の現場で出会って、「家のある生活」「友のいる日常」を取り戻した野宿経験者の方々によるグループでした。彼らと「NPOの正会員・ボランティア」は、親しいながらも「支援する人 / 支援される人」という意識がいつもどこかにありました。

「そんな線引きをとっぱらえないか?」「 “共に居る” から “共に行う” という意識へ変化させることができないか?」という思いから2014年に「互助会」をつくりました。

ここではどっちが支援者という線はありません。誰もが「わたしたち互助会員」という「なかま」になります。
互助会は地域に開かれた、大きな家(ホーム)です。いつでも、どなたでも、歓迎します。

【内容】
① 互助会レター
毎月「互助会レター」を発行しており、遠い施設に入った方にも送っております。
地域で暮らす方には直接お届けし、声かけや安否確認にもなっています。

② イベント
抱樸館北九州を拠点とした集いの時間(卓球・カラオケ・囲碁・将棋)、ボランティアカフェ「なごみ」や毎月の誕生会。年間ではお花見、そうめん流し、バスハイクなども企画しています。

③ お助け活動
ちょっとした手助けを会員相互に依頼出来る「お助け活動」というシステムもあります。
長寿やご結婚のお祝い、また入院お見舞いも出しております。金額はささやかでも、その方のことをみんなで思います。

④ 互助会葬
中でも大切にしているのが互助会員によって行われる葬儀、「互助会葬」です。
葬儀をあげてくれる親族もない、お金もない。でも、誰かに見送られたいし、見送りたい。
互助会員で葬儀を希望される方には、「抱樸」で司式者をお呼びします。ほとんどが、長く支援に直接関わって来た牧師の方々。故人を「知っている」方による司式は、とてもあたたかいです。身寄りがなくても、出会ったたくさんの仲間たちが列席します。

【会費】
月500円