「ゴーイングホーム・デイ」!

写真

写真

写真

写真

写真

これは、ホームレス状態から自立された方々、ボランティア、NPO職員、地域の支援者など、「支援」を通じて出会った我々が「家に帰る日」をコンセプトに、「いつでもここに帰ってこれる」ことを改めて実感できるような日を作ろうと企画されたものです。

午前中は運動会。「高齢の方は楽しめないのでは…」という不安は当日一気に吹っ飛びました。どの参加者も積極的に競技に出場し、年齢の違いなど全く感じさせない気迫に満ちていました。チームに分かれての対抗戦ということもあり、皆真剣に優勝を狙う姿は圧巻でした。昼休みは、なかまの会、自立支援住宅17期、抱樸館下関、抱樸館福岡、自立支援センターというチームごとに出し物を行いました。準備期間の少ない中、チームそれぞれのカラーを表現し、会場を盛り上げました。午後は○×クイズ、炭坑節、谷本仰さん&原田敏夫さんによる生演奏など、盛りだくさんの内容で楽しみました。そして理事長講話、黙祷、「ふるさと」大合唱といったセレモニーを行い、第1回ゴーイングホーム・デイは静かに幕を閉じました。

今回が初めての企画ということで色々と行き届かない点もありましたが、大成功を収めることができたと思います。企画・準備を担当した実行委員と当日参加した全員がこのお祭りを盛り上げよう、楽しもうという気持ちでいられたからこその成功だと感じています。そこには自立者・支援者といった肩書きは関係なく、同じ時間、同じ場所で共に笑い、共に唄い、共に楽しむことで、私たちの間を流れる『絆』を実感できた一日になったと思います。

最後になりましたが、今回の支援機構まつり『ゴーイングホーム・デイ』に御協力・御支援いただいた皆様に篤く御礼申し上げます。ありがとうございました。
『ゴーイングホーム・デイ』実行委員長 小野 晃一郎