7月14日 つくろう!「抱樸館北九州」講演会&シンポジウム

絆を問う -3・11以降を生きる私たち-

茂木健一郎(脳科学者)と三宅民夫(NHKアナウンサー)をそれぞれ講師にお招きし、絆に関わる講演と、奥田知志が加わってのシンポジウムを開催しました。

1200名以上の方がご参加下さいました!

「自立支援センター北九州」また「絆プロジェクト北九州」を協働で担っている北九州市の北橋市長も激励に駆けつけて下さいました。

熱弁をふるう茂木さん。「人は、無数の人の“影響”から出来ている。人との関係性は、空気と同じ程に無くては生きていけないもの。」

番組に寄せられた、お便りを、心を込めて紹介して下さった三宅さん。
(撮影:茂木さん)

「抱樸とは、原木。そのままのその人を、まず受け入れるということ」
(撮影:茂木さん)
「抱樸」由来