11月2日、福岡市民会館において、「福岡絆プロジェクト事業報告会」が開催されました。

222人もの方々がお集まりくださり、福岡市の困窮者支援について考える大切な時となりました。
はじめに、北九州市立大学の稲月教授より、事業の報告と評価がなされました。
続いて、厚生労働省で生活困窮者自立支援室室長を務めておられる熊木正人様より、生活困窮者自立支援法(案)やそのモデル事業についてのお話をいただきました。
後半は、6名によるシンポジウムを行い、福岡市においてどのような困窮者支援制度が必要かの議論が行われました。
今回の議論が福岡における困窮者支援制度をさらに進める一歩となることを願います。

(福岡絆プロジェクト共同事業体 事務局)