2013年10月1日、多機能型事業所ほうぼく(抱樸)が開所しました。就労継続支援B型(以下「B型」と略記)と自立訓練の生活訓練(以下「生活訓練」と略記)を併設しています。B型は定員20名、生活訓練は定員6名です。多機能型事業所とは、一般企業での就労がすぐには困難な方に働く場を提供したり、自立した日常生活や社会生活ができるように必要な訓練を行う場所です。主な作業内容は、事業所内で昆布巻と箱折、自社製品作成。事業所外の作業として、抱樸館北九州のレストラン業務とハウスクリーニングを行っています。また、お昼は、抱樸館北九州から熱々のお昼ご飯を届け、皆さん美味しく食べられています。

 また10月19日には開所式が行われました。地域の自治会長からは「地域をあげて全面的にバックアップします」との有り難いお言葉、また利用者代表からは「〈わ〉をもって作業に励んでいます。これからも新しい人が来たら、みんなと〈わ〉になって仲良く仕事をしたいと思います」との決意表明がありました。

 日中活動の場を確保し働いたり訓練をしたりすることで、生活のリズムを整え、社会参加をする機会が得られ、自己有用感を高めていくことのできる場所でありたいと日々頑張っています。

 一緒に作業をする利用者の方、ボランティアの方、また見学も随時受け付けています。是非一度、事業所(093-581-0901)へご連絡ください!