1988年より北九州を拠点に困窮孤立者の生活再建を支援しています。

事業内容

【ボランティア本部】

(1)ボランティア支部およびボランティア事務局の設置
 北九州、下関、福岡にボランティア支部を設置。専従スタッフによるボランティア事務局を設置しボランティア活動を後方支援。

(2)炊出し事業
 野宿者等に対する衣食支援。かぜ薬や胃薬配布、医師による健康相談等も実施。夏期隔週実施、冬期毎週実施、出食数:年間3,000食。

(3)パトロール事業
 炊き出し後、ボランティアによるパトロールを実施。7コースに分かれて巡回。

(4)自立支援住宅事業
 抱樸館北九州内に自立支援住宅5室を確保。ボランティア2~3名が伴走支援。6か月の入居後、生活へ移行。

(5)広報事業
 ボランティアによる会報の発行(年2回各4,000部)。ニュースレター発行。HPの管理等を実施。

(6)サポート・育成事業
 ボランティアによるボランティア育成。自立者へのサポートとして入院見舞いボランティア、誕生カード作り、居場所提供「なごみカフェ」運営など。

(7)互助会事業
 本年4月に発足。支援者と被支援者の垣根を超えるためのお互いの支え合いの仕組み。元当事者がお助け隊となり軽作業等を地域でボランティア。支える側と支えられる側の相互性、可逆性を実現する。現在自立者、支援者を含め200名が参加。

(8)生笑一座事業
 野宿体験をした元当事者4人が、自身の経験を語ることにより生きることを伝える公演を実施。小中学校の授業、講演会等に出張。

 

以下専門スタッフによる事業

障がい福祉事業部

子ども・家族marugoto支援事業部

自立支援事業部

(1)巡回相談
(2)生活相談
(3)自立生活サポートセンター小倉

困窮者支援事業部

(1)中間事業所
(2)就労準備支援
(3)笑い家

更生保護事業部

抱樸館事業部

(1)抱樸館北九州
 生活相談
 デイサービス
 自立生活サポートセンター八幡
 レストラン・配食
(2)抱樸館下関

総務部

経理部

【その他】

(1)NPO法人 ホームレス支援全国ネットワーク 事務局
(2)九州ホームレス支援団体連合会 事務局
(3)311受入全国協議会 加盟
(4)北九州政策研究会 事務局

東日本大震災被災者支援について

 当NPOが事務局を担う「ホームレス支援全国ネットワーク」は、震災直後の3月18日より被災地への支援活動に取り組んで参りました。
 現在、その全国ネットと、グリーンコープ連合、東北の生活クラブ生協の3者で被災地支援共同事業を行っています。→「共生地域創造財団

 当NPOでの現地支援の取り組みの一部はこちら

 北九州においては東日本大震災による避難者を暖かく迎えるための『「絆」プロジェクト北九州』に2011年4月より2年に渡って官民協働で取り組んで来ました。私たちNPOは日常生活支援の中で「伴走型支援(パーソナルサポート)」を担いました。2013年3月末日で、プロジェクトは終了しましたが避難支援を通じて得た「出会い」を、これからも大切にしていきたいと考えています。https://sites.google.com/site/kizunakitakyushu/

 当NPOでは引き続き、北九州市に被災し避難されている方々のご相談を「自立生活サポートセンター(093-883-7708)」でお受けする体制をとっております。

抱樸館北九州

抱樸館北九州のblog 見学受付要項など。 建築の記録もございます。

おしらせ

アクセスカウント

  • 162806総訪問者数:
PAGETOP
Copyright © NPO法人 抱樸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.