1988年より北九州を拠点に困窮孤立者の生活再建を支援しています。

認定NPOについて

抱樸は、認定NPO法人です。

※ 認定日:2004年12月1日、2006年12月1日、2008年12月1日、2013年11月26日(継続中)

認定NPO法人とは・・・

 特定非営利活動法人(以下「NPO法人」)の活動を支援するため、市民や企業からNPO法人への寄付を促していくことを目的に認定NPO法人制度があります。一定の要件を満たすものとして所轄庁(当法人は北九州市)の認定を受けているものをいいます。認定NPO法人に対する寄付金は、所得税控除の対象になります。

主な認定要件

●広く一般から支持(寄付)を受けている。
●活動や組織運営が適正に行われている。
●法人に関するより多くの情報を公開している。
など

内閣府の「NPOホームページ」より認定NPO法人制度に関する情報を提供しています。
NPOホームページ | 内閣府
https://www.npo-homepage.go.jp/

寄付を行った方にあるメリット

個人が寄付をくださった場合

1.個人が認定NPO法人に寄附をすると、所得税(国税)の計算において、寄附金控除(所得控除)又は寄附金の特別税額控除(税額控除)のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の還付を受けることができます。

(1)所得控除
 その年中に支出した寄附金の額の合計額から2千円を控除した金額を、その年分の総所得金額から控除できます。
【算式】
寄附金の額の合計額 - 2千円 = 寄附金控除(所得控除)額

* 寄附金の額の合計額は、総所得金額の40%相当額が限度です

(2)税額控除
 その年中に支出した寄附金の額の合計額から2千円を控除した金額の40%相当額をその年分の所得税額から控除できます。
【算式】
(寄附金の額の合計額 - 2千円)× 40% = 税額控除額

* 寄附金の額の合計額は、総所得金額の40%相当額が限度です。
* 税額控除額は所得税額の25%相当額が限度です。
 通常は税額控除の選択が有利となります。一方、所得税率が45%となる方は所得控除を選択されると還付額が大きくなると考えられます。ご不明な点は、当NPO総務(TEL 093-653-0779)までご連絡下さい。

2.NPO法人抱樸は、北九州市及び福岡県の条例による指定を受けておりますので、北九州市にお住いの方は、個人住民税の控除を受けることができます。なお、住民税の税額控除は、所得税の確定申告を行うことにより受けることができます。
【算式】
(寄附金の額の合計額 - 2千円)× 10% = 税額控除額

* 寄附金の額の合計額は、総所得金額の30%相当額が限度です。

北九州市以外の福岡県にお住いの皆さま

 NPO法人抱樸は、福岡県から個人県民税の税額控除(4%)の対象となる寄付を受ける法人として指定を受けております。北九州市以外の福岡県にお住いの皆さまの個人市町村民税の税額控除(6%)制度については、お住いの市町村へお問い合わせください。

法人が寄付をくださった場合

 法人が認定NPO法人に寄附をした場合、一般寄附金の損金算入限度額とは別に、特定公益増進法人に対する寄附金の損金算入限度額が設けられています。そのため、寄附金の額の合計額が特別損金算入限度額を超える場合には、その超える部分の金額は一般寄附金の額と合わせて、一般寄附金の損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

1.認定NPO法人に対する寄附金に係る損金算入限度額
(資本金等の額 × 0.375% + 所得金額 × 6.25%)× 1/2

2.一般の寄附金に係る損金算入限度額
(資本金等の額 × 0.25% + 所得金額 × 2.5%)× 1/4
* 所得金額 = 所得金額(当期純利益に税務調整をした額)+ 寄附金の支出額

3.1と2の合計が損金算入限度額となります

抱樸館北九州

抱樸館北九州のblog 見学受付要項など。 建築の記録もございます。

おしらせ

アクセスカウント

  • 158206総訪問者数:
PAGETOP
Copyright © NPO法人 抱樸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.