2012年4月16日のスペシャル放送では当支援機構の理事長、またホームレス支援全国ネットワークの代表でもある奥田知志の働きが取り上げられました。

震災以前より、出会いでの「きず」をも含んだものとしての「絆」に希望を見、
そこに困窮者がいれば、おなじいのちとして「出会い」を繰り返してきた奥田と仲間たち。
その日々の中からたくさんの「きずな」が、それぞれの形で生まれてきました。
そして今日も、生まれ続けています。