GK20180205

 

「ゲートキーパー養成講座」を開催します!
あの「生笑一座」が登場します。
 
2018年2月5日(月)14時30分から17時30分(開場14時)
毎日西部会館 9階 中ホール(北九州市小倉北区紺屋町13-1)
 
第一部 生笑一座公演
第二部 対談 大塚俊弘(国立精神・神経医療研究センター)・奥田知志(NPО法人抱樸 理事長)
    進行役:谷本仰(NPО法人抱樸 副理事長)
 

「ゲートキーパー」とは、誰かが悩んでいることに気づき、声掛けや話を聞くなど適切な対応を図るように心がけている人のことです。
「生笑一座」メンバーの話を聞き、また講師の大塚先生と奥田理事長との対談からいのちに寄り添うことをともに考えましょう。

【生笑一座】
「もう死ぬしかないんじゃないか」、という極限を経験した人達が、いま、笑顔で暮らしています。
そのホームレス経験者が、「生きてさえいれば、笑える日が来るよ!」と特に子どもたちへ身をもって伝えたいと、2013 年に一座を結成。小中学校を中心に、全国からの招きに応じて出前公演を続けて来ました。
座長は奥田知志、楽士は谷本仰が担当。インタビュー形式で、楽しく分かりやすく「生きていてよかった」を伝えます。
今回はどなたでも観て頂ける、貴重な機会です。
 
入場無料(100席限定)当日朝までご予約申込みできます。

ご予約は、電話093-653-0779(抱樸 総務)か、Eメールでどうぞ。
E-mail ettou@f8.dion.ne.jp
①お名前 ②ふりがな ③ご所属(あれば) ④連絡先(電話番号)⑤予約人数(複数の場合、①~④は代表の方の情報で結構です)を明記してお願いします。

またはFAX 093-653-0779、お電話でも承ります。

FAXの場合、以下のデータをプリントして、ご記入の上、そのまま裏面全体を送信下さい。

ゲートキーパー養成講座申込み