omote_sample

【おんなじいのちコンサート】

ホームレス・エイドCD『わたしのあおぞら』を手がけたミュージシャンによる「共に生きる」ことへ思いを込めた歌を、ここで、一緒に!

 
2017年3月7日(火)19:00開演(18:30開場)

会場:北九州芸術劇場・小劇場

(小倉北区室町1丁目1-1-11・リバーウォーク北九州6階)
 
出演 : 谷本仰(歌・ヴァイオリン)・フクヤマワタル(ウッドベース)・原田敏夫(ギター)・中島由紀子(ピアノ


※奥田知志(NPO法人 抱樸 理事長)と谷本仰さんの対談もおこないます。

入場料:2,000円(限定160席)

チケット販売場所:抱樸館北九州(北九州市八幡東区東鉄町7-11)
TEL 093-883-7708 ※9:00~17:00

ご予約は、Eメール、FAX、電話のいずれかでお受けします。
(返送する葉書が予約券となります。お支払いは当日の会場受付にて。)

E-mail ettou@f8.dion.ne.jp
①お名前②ふりがな③ご住所(郵便番号も)④電話番号(携帯可)⑤予約人数(複数の場合、①~④は代表の方の情報で結構です)

FAX.093-653-0779 
【上記①~⑤を明記で】
※以下のPDFデータもご利用下さい。
チラシ裏面fax予約申込書

TEL.093-653-0779(抱樸)

 わたしたち「抱樸(ほうぼく)」は、以前「北九州ホームレス支援機構」の名前で活動していたNPOです。
 
 28年ほど前「ひとりの路上死も出したくない」思いから、困窮者と出会っていく活動を始め、今も「ホームレスを生まない社会の創造」を目指して多くの事業を行っています。
 
 NHKの番組『プロフェッショナル』で活動が紹介された時、「人はいつか変わる」というフレーズがピックアップされました。日々が生きやすくなったり、豊かな関係性を築き始めたり、変化することは悪いことではないと思います。しかしそれを求め過ぎると「変わる人はいい人、変わらない人はダメな人」という分断が起こってきてないだろうか。その価値観は、「おんなじいのち」を掲げるわたしたちの理念に反するものではないか。「変わらなくても人は生きる」、それが真実じゃないか・・・。番組では「変わることへの希望」の面が中心になりましたが、わたしたちは「人はいつか変わる」と「変わらなくても人は生きる」、このせめぎ合いの中で、人間とは何か、命とは何かを問い続けようと決意を新たにしたのでした。
 
 このコンサートは、人の命に優劣や区別をつける価値観にとことん抗い、「命そのものに意味がある」、「出会いそのものに意味がある」おんなじいのちをたくさんの人と感じたいと願い開きます。
 どうぞひととき、共に集いませんか。


主催:NPO法人 抱樸(ほうぼく)
お問い合わせ:TEL.093-653-0779